レバノン料理の定番: フムス、タブーレ、ファラフェル

レバノン料理との出会い

日本で「インナービューティー」を高める料理を研究し、野菜料理や発酵調味料に凝っていた頃に、お野菜をふんだんに使うレバノン料理に出会いました。昨年、5ヶ月程タイに滞在した際、現地の駐在員の奥様に連れて行って頂き、初めてレバノン料理をいただきました。その穏やかな味付け、お野菜料理の豊富さから、すっかりレバノン料理の魅力に取り付かれました。そして、レストランに食べに行っては、調味料や使用している材料は何かと研究。何度も日本で再現したレシピをご紹介いたします。

フムス(Hummus)

フムス(Hummus)

フムス(Hummus)

ひよこ豆の滑らかなペーストで、ピタパンやクラッカー、野菜などにつけて食べます。

材料 (4人分)

  • ひよこ豆(水煮)・・・200g
  • 白練りごま・・・大さじ2杯
  • にんにく・・・1/2片
  • オリーブオイル・・・大さじ3杯
  • クミンパウダー・・・小さじ1/2杯
  • レモン果汁・・・大さじ1杯
  • 塩・・・小さじ1/4杯
  • 水・・・大さじ2杯
  • トッピング(お好みで)
  • ひよこ豆(5粒)、クミンパウダー、カイエンペッパー、オリーブオイル、ピタパンやクラッカー)

作り方

  1. オリーブオイル以外の材料をフードプロセッサーにいれてなめらかになるまで撹拌する、なめらかになったら、オリーブオイルを追加し撹拌。
  2. お皿に1.を盛りつけ、お好みでトッピングのひよこ豆、クミンパウダー、カイエンペッパー、オリーブオイルをふりかける。ピタパンやクラッカーを添えて出来上がり。

タブーレ(Tabbouleh)

タブーレ(Tabbouleh)

タブーレ(Tabbouleh)

中東風サラダのようなもので、ピタパンなどに乗せたり、つけあわせとして食べます。レバノン料理ではブルグルかクスクスを使いますが、ここではキヌアを使ってみました。

材料(4人分)

  • パセリ・・・1束(葉の部分のみ)
  • トマト・・・プチトマト(皮と種をのぞき、5mm角にカット)
  • レモン果汁・・・大さじ1杯
  • オリーブオイル・・・大さじ2杯
  • キヌア・・・20g(15分程茹でて柔らかくなったもの)
  • 塩・・・少々

作り方

  1. ボウルにレモン果汁と塩を入れてホイッパーで塩が溶けるようにかき混ぜる。オリーブオイルをいれてさらに混ぜる。
  2. 1.にパセリ、トマト、キヌアをいれて和えたら出来上がり。

ファラフェル(Falafel)

ファラフェル(Falafel)

ファラフェル(Falafel)

中東の豆コロッケです。

材料(4人分)

  • 空豆(下茹でして皮をむいたもの)・・・100g
  • ひよこ豆(水煮)・・・200g
  • にんにく・・・1/2片
  • クミンパウダー・・・少々
  • オールスパイス・・・少々
  • 玉ネギ(大きめ粗みじん切り)・・・1/2個
  • レモン果汁・・・小さじ1杯
  • オリーブオイル・・・大さじ1杯
  • 小麦粉・・・大さじ2杯
  • 塩・・・小さじ1/4杯

ヨーグルトソースの材料

  • ヨーグルト・・・大さじ2杯
  • レモン果汁・・・小さじ1/2杯
  • パセリ(葉のみ/みじん切り)・・・小さじ1杯
  • ニンニク(すりおろし)・・・少々
  • 塩・・・少々
  • こしょう・・・少々
  • 揚げ油(オリーブオイル)・・・適量

作り方

  1. 空豆、ひよこ豆、クミンパウダー、オールスパイス、玉ねぎ、レモン果汁をフードプロセッサーにいれて撹拌、粒が残る程度でオリーブオイルを加えてさらに撹拌。
  2. 1.に小麦粉を加えて混ぜたら、5等分して俵型に成形。
  3. ライパンに分量外のオリーブオイルを入れ温めて、2.のコロッケを並べて揚げ焼きをする。
  4. コンガリと色がついたら油をよく切ってお皿に盛りつける。
  5. ヨーグルトソースは、トッピング用で全てボウルにいれて混ぜて出来上がり。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    心に残る風景

    次の記事

    Where the Canals Lead