インスタでアート写真?!

皆様こんにちわ!ワシントンに在住していた作家、愛川耀(あいかわあき)です。

昨年日本へ帰国、都心に居を構え作家活動に勤しんでおります。20数年に及ぶ長く快適だったワシントン暮らし、久し振りの東京にアジャストできるかしら、と多少不安を憶えながらの帰国でしたが、住めば都、すっかり東京っ子に戻りました(笑)。

ワシントン時代から写真撮影が好きで、作家ブログにワシントン四季折々の写真を掲載したり、ワシントン日本商工会月報に連載した小説には挿絵としての写真を提供していました。東京に戻ってから、遅ればせながら流行りのインスタグラムを開始、アートな写真を撮影し日々公開しています。

インスタはスマホで撮った写真を即、全世界に公開できる優れモノ。アメリカでも流行っていましたが、日本の女子の間でも大流行です。テレビやネットでは「インスタ映え」するユニークなデザートを出すカフェなどお店の紹介が盛ん。花が咲き乱れる行楽地は、「綺麗な写真が撮れる」と観光客が押しかけ大人気とのこと。女子は卒業した筆者ですが、インスタを通じて作家ネームを若い人たちに宣伝すべく、出先ではいつも女子気分で(!)スクエアなお洒落スマホ写真を撮っています。

写真を見た人に「いいね!」(♡ボタン)を押してもらえると嬉しいので、インスタをやっている人は皆、「いいね!」の数やフォロワーの数を競っている感があります。インスタ初心者の著者も、どうしたらより多くの方に写真を見てもらえるか(より多くの方に愛川耀という名前を覚えていただけるか)試行錯誤中(?)です。

インスタではプロの写真家みたいな素晴らしい風景写真をアップしている方がいますし、女子の間ではカフェや料理写真、花写真などが人気のようです。巷には、素敵なインスタ料理写真の撮り方を教える講座まであり、デパ地下デリで洒落た料理をテイクアウトし小物を買い揃えてピクニックやパーティー写真を撮る熱心な女子もいるらしき。何もそこまで、との批判も聞こえてきますが、写真一枚に情熱をかける、という趣味があってもいいですよね(笑)。

著者も「今日の一枚」(二枚だったりしますが)と言えるアートな写真を撮るべく、いつも写真のアングルを考えながら歩いています。幸い近くに新宿御苑があり、桜に始まり、薔薇、紫陽花など四季折々の花々、紅葉や冬枯れの木立など、美しい自然風景の素材に不足しません。久し振りの東京で友人と連日街歩きや食べ歩き、お洒落な会食でもバッチリ撮影です(笑)。ワシントンの友人が来日した折、京都で寺巡りをして神社仏閣の美しさを再発見。寺女(寺が好きな女子)が増えているそうですが、東京でもスマホ片手に優美な日本レトロ風景を記録しています。喧騒の街角も、撮るアングル次第で異国情緒あふれる(!)アートな写真になり、撮影の面白さに目覚めている昨今です。

インスタを始めてこの九月末で一年、フォロワーも3000人ほどに増えました。ワシントン時代にインスタを始めるべきだった、と後悔していますが、ワシントンのお洒落な街角や牧歌的風景を撮影して世界に発信すべく、またいつか再訪したいと思っています。

https://www.instagram.com/aki.aikawa/

お忙しい毎日だと存じますが、日本語が恋しい折には、爽やかで元気をもらえる愛川耀の恋愛小説をお楽しみいただけると幸いです。温かいご支援、宜しくお願い申し上げます。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です